「ハチドリのひとしずく食堂」のおばんざいの話

坂元達裕のベルギーリーグ「KVオーステンデ」移籍に思うこと

山形から加入してセレッソで2年間戦ってくれた坂元達裕選手がベルギー1部のKVオーステンデに期限付き移籍することになりました。

坂元ちゃんのドリブルに心を奪われたサポーターは多いし、あのワクワクする右サイドでの1vs1のシーンの数々。
みんな寂しさとか残念さもあるかもしれないけど、まずは「おめでとう!」の言葉を送りたいよね。

清武選手って移籍先が決まった人みんなに「おめでとう」って言葉をかけるのよ。
今までやってきたことが評価されて、なおかつ新しい仕事先が見つかるわけだから「おめでとう」って言葉はしっくりくるよなあ。

坂元ちゃんは大卒プロ選手で、現在は25歳。
ベルギーリーグと言えば将来性のある選手を買って、それで5大リーグに移籍させることで財政を整えています。

25歳という年齢で将来性を見込まれているというのは素晴らしいことだと思う。

ベルギーリーグと、ここからのステップアップについて

日本人選手が最近多く移籍しているのでご存じの方も多いと思いますけど、ベルギーリーグについて少しおさらいをします。

ベルギー1部リーグは外国人枠がありません。

ベルギー国内で育成された選手を公式戦に少なくとも6人登録しないとだめっていうルールはありますけど、外国籍選手に保有枠制限がないっていうこともあって、KVオーステンデの半数以上が外国籍選手です。

将来性のある選手を加入させて活躍してもらい、欧州5大リーグに移籍してもらうというようなスタイル。

坂元ちゃんとしては活躍してさらにレベルの高いリーグに~っていうのがもちろん理想なんでしょうけど、これだけ様々な国籍の選手がいるリーグで戦えるっていうのはサッカーの視野が広がりますし、新たな発見も多いはず。
だからベルギーリーグで揉まれるだけでも坂元ちゃんにしてみたらプラスになると思います。

ベルギーリーグ自体はJリーグとあまりレベルが変わらないのではないかって話もありますけど、様々な国のサッカーと触れやすいという意味で、新しい発見や新しい刺激があって挑戦しやすい環境ですよね。
常に挑戦するという自分のテーマの中で、どこかで安定を求めている自分に気付き、今回新しい地でチャレンジする事を決めました」という言葉にぴったりなリーグだと思いました。

今はDAZNでベルギーリーグも見れますし、少しでも多く坂元ちゃんのプレーを見たいなと思います。
どう成長していくか、どう変化していくかを見るの楽しみやんね。

移籍は席替え。セレッソとしては人が入れ替わっても戦えるチームに

10年ぐらい前の情熱大陸で内田篤人さんが「こっち(欧州)では移籍は席替えみたいなもんですよ」って話をしてたんですね。

当時はその感覚って分からなくて、セレッソから選手が出ていくっていうのは「お別れ」っていう印象しか無かったです。

でも、時代も変わってきて徐々にJリーグにも「移籍は席替え」って感覚に近づいてきた感じがするんですよね。

Jリーグ間の移籍も昔よりも活発になってきた感じがありますし、一度出て行った選手が大久保嘉人のようにまた帰ってきたりすることもあります。
若手選手は下のディビジョンに移籍して経験を積むことも多いです。

昔は1つのチームで出来るだけ長くという感じがありましたけど、最近は出場機会が重視されて試合に出ることができるチームに行くことが優先されてきています。

やっぱりサッカー選手は試合に出てなんぼ。
試合に出ることで成長するし、サッカー選手は試合に出ているときに輝いているなと感じます。

となると、坂元ちゃんのようにセレッソから出ていく選手もいれば、逆に出場機会を求めてセレッソにやってくる選手もいるわけです。

今後もっと「移籍は席替え」のようになっていくのであれば、セレッソとしては人が入れ替わっても戦えるようなチームに、新しく入ってきた人が活きるようなチームにならないとダメだなと思います。
ブレないチーム作りとか、しっかりとコンセプトを持って毎年毎年戦っていくことかな。

「このたび、ベルギー1部のKVオーステンデに期限付き移籍することが決まりました。まず今回の挑戦を受け入れてくれたセレッソ大阪に心から感謝します。そしてどんな時も会場に足を運んで応援してくれた皆様、テレビの前で応援してくれたファン、サポーターの皆様には感謝してもしきれません。
まだ移籍して2年しかたっていませんが、常に背中を押し続けてくれるファン、サポーターの皆様、監督をはじめとするスタッフの方々、そして選手達のおかげで、セレッソ大阪が大好きになりました。
2021年シーズンは、序盤は納得のいく試合、プレーが出来ていたものの、後半戦は個人としてもチームとしても満足のいく結果が残すことが出来ず、タイトルをかけた試合で決定的な仕事をすることができない不甲斐なさ、自分の力のなさに、このままでいいのか?と考えるようになりました。
常に挑戦するという自分のテーマの中で、どこかで安定を求めている自分に気付き、今回新しい地でチャレンジする事を決めました。挑戦するからには後悔しない活躍をします。ここまで自分を成長させてくれたセレッソ大阪に、ここから一回りも、二回りも成長した姿を見せられるように頑張ります!」

https://www.cerezo.jp/news/2022-01-05-18-00/

みんな坂元ちゃんの武器というと「切り返し」っていうけど、がむしゃらにボールに食らいつく守備だったり、間でボールを受けてからコースを狙ったシュートなどなど数多くの魅力があります。
「切り返し」だけじゃなく、色々な武器を生み出すことでもっともっと成長できると思う。

それで、乾のようにまたセレッソに帰ってきてくれたら嬉しいよね。
その時はみんなで声を出して坂元チャントを歌えたらいいな。