「ハチドリのひとしずく食堂」のおばんざいの話

鶴心「秘伝の桜ぎょうざ」が美味い。イベリコ豚レアルベジョータの美味しい脂とセレッソカラーのピンクもちもち皮の相性が良すぎる

2022年シーズンから鶴心さんのスタグル新メニューとして始まった「秘伝の桜ぎょうざ」
みなさんはもう食べられましたか?

鶴心さんと言えば「秘伝のからあげ」で有名ですが「秘伝の桜ぎょうざ」という新メニューを引っ提げてスタグルを盛り上げてくれています。

ホーム開幕戦で早速食べてみたけど、とにかく仕事が丁寧。

すごく綺麗なセレッソカラーのピンクになってて、蒸し加減がスタグルとは思えないぐらい丁寧だから皮のもちもちっとした食感が心地いい。

そしてイベリコ豚の中でも最高ランクのレアルベジョータの甘い脂のアンが本当においしい。

さすが鶴心さんやりますなー!
このクオリティをスタグルで出すとは!

レアルベジョータについて調べてみたら穀物飼料を与えずに自生植物だけで放牧肥育した最高ランクのイベリコ豚なんやって。

イベリコ豚って言えばとろける感じなのにくどくない脂が特徴ですけど、桜ぎょうざの皮とマッチング良すぎてめっちゃ美味いのよなー。

ちなみにイベリコ豚はリノレン酸とかビタミン群とかも入ってて美容にもええんやってー。
いい食材を使うのは美容とか健康にもつながるから食べる側は嬉しいよね。

タレは爽やかな「ゆず味噌」と、ビールと合わせたら楽しい「ピリ辛味噌」の2種類に加えて、からあげと同じく限定ソースも登場。
毎試合スタグルに行く楽しみが増えますね。

ちなみにこの前お店に行ったら「桜ぎょうざの焼き餃子版も考えてましてー」って言われて、焼き餃子も試食させて頂きました。

蒸しの皮のもっちり感もいいけれども、焼きだと香ばしさが加わるからお酒と確実に合うし、夏場とかだと蒸しより焼きのほうが美味しそう!

焼きのときはタレたっぷりめにつけて食べた方が香ばしさとタレのバランスが良い!
タレのうまみも楽しもう!

これは夏場にビールと合わせるの楽しみー。

そんな感じでまだ桜ぎょうざ食べてない方はぜひぜひ並んででも食べてみてくださいー。
鶴心さんの丁寧な仕事を感じさせる逸品です。