「ハチドリのひとしずく食堂」のおばんざいの話

2022.2.23 ルヴァンカップ 第1節 ガンバ大阪vsセレッソ大阪 試合レビュー

ルヴァン杯の初戦はいきなりの大阪ダービー。
前半はセレッソがペースを握って2得点も、交代選手を使って流れを引き戻し同点に持って行くガンバ大阪。

最後は途中から入ったキャプテン清武が起点となって、新井の折り返しに中原が決めてセレッソ勝ち越し。

リーグ戦とは大きくメンバーを入れ替えてスタートしたこの試合でしたけど、途中交代の選手も含めてまとまりを見せた試合になりました。
キャンプでしっかり戦術を浸透させて来たんだろうなと改めて思いました。

前半、上手く流れを掴めたのは守備の形が良かったから。
特にセレッソ2トップのプレスで追い込んでからのボール回収の形が凄く良かった。

Q:守備について。特に前半は、前からの守備がハマるシーンが多かったが、言える範囲で、どういう狙いがあった?
「僕と(北野)颯太が2トップを組んでいたのですが、どっちかが(プレスに)行ったらコースを限定して、もう1枚のFWはボランチを潰しに行くという役割を持っていました。前半はそれがうまくハマって、いい守備からいいカウンターに行けていた場面もあったのかなと思います」

https://www.cerezo.jp/matches/2022-02-23/

誰が誰を捕まえるかもはっきりしていて、相手に自由を与えない。

そしてボールを奪ったあとは上門のミドルや為田、中原といった両サイドの選手のドリブルがリズムを作る。

前半は相手に怖いシーンを作らせず、見事な試合運びだったと思いました。

ただ、このまま終わらないのがサッカーだし大阪ダービーっていうのはみんなが知っている。

1失点目はクリアボールをダイレクトで打ち返されるというゴラッソ。
2失点目はゴールラインを割るかと思ったボールを拾われて、一瞬集中が切れたかのようにフリーの選手が生まれてクロスを頭で合わされて同点。

前半はハマっていたセレッソ守備も、ガンバ側の選手を追い越す動きだったり、時間が経っての運動量の低下なんかで徐々にハマらなくなってきてオープンな展開になっていく。

でもここで試合を決めたのが途中から入った清武と新井の左サイドの連携。

キヨほんと後ろに目が付いてるんかってぐらい新井への的確なパスすごい。

中原も前半から右サイドでかなり走ったと思うけど、84分にしっかりとゴール前に詰めてるのがすごいな。

Q:舩木翔選手をCBで起用されて、最後までプレーを続けた中で勝ち切りました。彼をCBで起用した狙いと評価は?
「高さもあって、技術も高く、攻守にクオリティーの高い選手です。(本職の左サイドバックには)丸橋がいて、山中がいるので、キャンプでは、CBとボランチ、両方をトライさせました。左サイドバックも含めて、どのポジションでも高いパフォーマンスを発揮してくれていました。今日は久しぶりの90分で、しかも違うポジションで、最後はかなり疲れていたと思いますが、彼に任せようと決心をして、最後まで頑張ってもらいました」

https://www.cerezo.jp/matches/2022-02-23/

ぼくは小菊監督のこの「最後はかなり疲れていたと思いますが、彼に任せようと決心をして、最後まで頑張ってもらいました」ってコメントがすごく印象的。

舩木ならいけると信じて、これが舩木の成長につながると信じての決心。
その選手のためにどういう起用をすればいいのかをしっかり考えることで、それが選手に伝わって信頼関係が生まれる。

今回は舩木の話だけど、きっとそれぞれの選手に対しても色んな考えを持って起用しているんだと思うのよね。

しばらくはリーグ戦とカップ戦でメンバーを分けながら戦うんじゃないかと思うけど、小菊監督が選手をしっかり見ていれば一丸となって戦えると思うし、全員が自分の力を発揮するためのモチベーションを持てると思う。

押し込まれた時間帯とか課題ではあるかもしれないけど、それも自分たちを成長させる試練なんよね。

みんなで成長して、このメンバーで3つ目の星を獲りたいね。