「ハチドリのひとしずく食堂」のおばんざいの話

2022.5.18 ルヴァンカップ 第6節 大分トリニータvsセレッソ大阪 試合レビュー

ルヴァン杯グループリーグ最終節。
セレッソは既に勝ち抜けが決まっており、大分はGL敗退が決まっている状態での試合。

セレッソは中2日でリーグ大阪ダービーが待っていることもあり、メンバーを大幅に入れ替えて挑みました。
大分のサムエルを中心とした攻撃に苦しむも3-3のドローで決着。
2度リードを奪う展開だったため勝ち切りたかったけれども、出場機会の少ない選手が持ち味を見せようと奮闘した試合でした。

セレッソは2位勝ち抜けとなり、ルヴァン杯プレーオフは湘南との対戦になります。

プレスに行くか、リトリートするかでチグハグに

セレッソは前回のリーグ戦から10人を入れ替えて挑んだ大分戦。
開始すぐからセレッソの前からのプレスがハマり、開始4分にはいきなりキーパーからのボールをカットして加藤が先制点。

その1分後にも北野が前からボールを奪ってシュートも、これは惜しくもゴールライン寸前でディフェンダーにカバーされてクリアされる。

プレスの整備がハマッって幸先よくスタートしたセレッソだったんですけど、徐々に大分にポジショニングを修正されてプレスがハマらなくなってきます。

大分はプレスを剥がしたらセレッソのサイドバックの裏のスペースを狙い、大分FWサムエルをターゲットにしてクロスを入れてきます。
サムエル狙いばかりなので耐えきれるかと思った前半22分、クロスボールをサムエルが頭で合わせて同点に。

ここからセレッソはプレスに行くのか、リトリートするのかの判断がおかしくなって中盤が間延びしてきます。

ベンチからはハードプレスを続ける指示が飛ぶけれども、プレスに行くタイミングだったり誰が誰を捕まえるかが定まっておらず、剥がされてピンチを招くような半端なプレスが続きました。

とにかく前半は1-1のままで終わってハーフタイムに修正をしたいところだったんですけど、ラストワンプレーのコーナーキックで大分渡邉がこぼれ球を押し込んでゴール。
1点ビハインドで後半に挑むことになりました。

3センターバックへの変更で流れを取り戻す

前半に押し切られる形となったセレッソは後半にボランチ鈴木に代えて岡澤を投入。
そして左から舩木、山下、鳥海の3センターバックに変更しました。

後半開始すぐの46分。
岡澤のパスから北野が抜け出しキーパーと1vs1。
これは止められるもこぼれ球を拾った為田がゴール隅に落とし込むような冷静なループシュートで2-2の同点に持って行きました。

Q:リーグ戦で退場した後、最初の試合になったが、特別な思いもありましたか?
「チームに迷惑をかけて、苦しい1週間でした。経験したことがない、味わったことのない気持ちでした。もちろん、批判というか、たくさんメッセージも来ましたけど、それ以上に、大分の人もそうですし、応援してくれている人たちのメッセージも届きました。チームメートも気を遣って声をかけてくれましたし、家族もそうです。正直、今まで、そういうことを感じるタイプではなかったのですが、歳を重ねたこともあったかも知れませんが、今回は本当に、そういう応援してくれる人たちの有難さを感じました」

https://www.cerezo.jp/matches/2022-05-18/

為田は試合後にこんな事を語っていましたけど、この試合にかける想いっていうのは大きかったと思う。
ゴールっていう結果に結びついてほんとに良かった。

その後60分には中原のパスに走り込んだ岡澤がクロス。
これを北野が決めて3-2で逆転します。

岡澤は試合後に「前半の最初に点を取りましたが、逆転される前から相手にボールを握られていたので、自分が入って、ゲームをコントロールするように言われました。守備でもアグレッシブに行って、つなげるところはつないでと、明確にできたことが逆転につながったと思うので、入りは良かったと思います」とコメントしていますけど、2点目も3点目も得点に絡んで見事なゲームコントロールをしてくれました。

その後、ホームで負けれない大分が押し込んできてそれに耐えきれず3-3で試合終了。
この詰めの甘さというのは問題ではあるけれども、怪我明けの選手だったり今まで試合に絡むことが出来なかった選手たちが真剣勝負の場でどのようなプレーを出来るかを見せつけてくれました。

その他

お互いに消化試合という形ではあったけれども、だからと言ってプレー強度が弱いわけではなくて選手それぞれが力を見せようとした試合だと思いました。

強いチームというのは層が厚いチームだとぼくは思ってますし、トップチームが上手く結果を出し切れていないのであれば控えメンバーにしてみればそれは付け入る隙っていうことでもあります。

そうやってチームの選手全員が切磋琢磨することでチームっていうのは強くなっていくものだと思っています。

気持ちを切り替えてゴールを奪った為田、怪我明けでも走力を魅せた北野や岡澤。
3失点になってしまった守備陣もこの試合で学ぶことは多かっただろうし、それを次に出る試合に活かしてくれたらと思います。