「ハチドリのひとしずく食堂」のおばんざいの話

セレッソに来てくれてありがとう大久保嘉人。さよならするのはつらいけど

大久保嘉人、最初と最後にセレッソ大阪を選んでくれてありがとう。

ぼくたぶん、嘉人がおらんかったらここまでセレッソを応援し続けてへんかったかもしらん。

ぼくとセレッソを繋ぐ、はじまりの選手だったと思う。

今プロデビューしたばかりの若い選手にもいつか嘉人のように引退する日が来るってことを改めて言いたい。

体の衰え、モチベーション。
もしかすると怪我が関係するかもしれないし、サッカーが取り巻く環境かもしれないけど、いつか必ずさよならの日が来てしまう。

ぼくにとって特別な選手は大久保嘉人だったけど、みんなそれぞれ特別な選手っていると思う。

みんな、その日が来たときに後悔しないような応援をして欲しい。

ぼくがはじめてセレッソを生で見たのは2001年だったけど、本格的にスタジアムに通い始めたのが2003年。
2002年日韓ワールドカップの熱狂が冷めやらぬ頃でした。

ワールドカップメンバーのモリシや西澤はもちろん素晴らしいプレーをしていたけど、10番を背負う若武者「大久保嘉人」にセレッソサポーターみんなが魅了されていました。

J1に昇格したばかりで苦しい試合が続くセレッソだったけど、大久保嘉人は牙をむき出しにするかの如くゴール前に飛び込んでネットを揺らす。
まさに若き勇者。

マジョルカに移籍してすぐの試合で1ゴール1アシストしたときは自分の事のように喜んだよね。
美容院行って「大久保嘉人と同じ髪型にしてください」とか言うよね。

でもその後セレッソに復帰するけれども、J2降格と共に嘉人は移籍。
そのままセレッソとの縁が切れたかなと思ってました。

そんな嘉人がセレッソに復帰するっていうニュースを見たとき、驚くほど胸が高鳴って、セレッソをもう一度選んでくれてありがとうってなったのよね。

サッカー興味ない友だちからも、当時ぼくが大久保大久保って言ってたから「大久保セレッソに復帰するやん」っていっぱい連絡貰ったわw

ただ、当時の嘉人を知らないサポーターも増えたし、知っているサポーターでも最近結果を出していない嘉人復帰をよく思っていない人も多かったかなと思います。

でもぼくの中で「いや嘉人まだまだやりよるぞ」みたいな、何の確証もないけど嘉人やりよるぞみたいな謎の確証みたいなのがあったんですよね。

そして開幕戦のあのゴール。
震えたよね。

そんな嘉人が39歳。
引退発表。
あらためて現役生活って短いなと思ってしまいました。
新潟戦で残留決めたPKとかほんとこの前のように思い出すもん。

セレッソをずっと引っ張ってくれているジンヒョンだったり清武だったり丸橋だったり、復帰した乾だったりもいつかこんな日が来るわけで。

もっと言うとまだプロデビューしたばっかりの若い選手たちもこんな日が来るわけで。

嘉人は引退会見で「この20年間はやっぱり苦しい思いの方が非常に強くて、それを見せないようにと自分はずっと思っていて、細い糸が一本ギリギリ繋がっているような状態でずっとやっていました。」って言ってたけど、嘉人だけじゃなくて全ての選手がギリギリの中で戦っていると思う。

時には弱気になる事もあると思う。
そんなときに選手を支え続けるのが応援ってものなのかなと思う。

さよならするのはつらいけど、いつか別れの時があるからこそ、その時に後悔しないように応援をしないとダメなんだと思う。

嘉人ありがとう。
ぼくにスポーツの楽しさと、応援のすばらしさを教えてくれて。

ぼくとセレッソを繋いでくれてありがとう。

この気持ちを紡いでいこう。
応援の素晴らしさを伝えていこう。

そしたらもっと素敵な未来につながると思う。