「ハチドリのひとしずく食堂」のおばんざいの話

2022.4.17 J1第9節 アビスパ福岡vsセレッソ大阪 試合レビュー

連勝を狙ってアウェーでアビスパ福岡と対戦したセレッソ。
守備の硬いアビスパ相手にゴールに何度も迫りましたがスコアレスドロー。

アビスパのカウンターを喰らわないように戦った難しいゲームでしたが、福岡の守備を崩しきるところまでは持って行けませんでした。

4-4-2同士での戦い

お互い4-4-2同士での戦いとなったこの一戦。

前からの守備で福岡を圧迫したいセレッソに対し、福岡は強固な守備を作りながらパワーのある2トップのフアンマとルキアンに当ててカウンターを狙ってきます。

試合開始すぐはセレッソが裏を取るシーンがあり、6分は加藤が為田の裏へのパスを受けて抜け出すも決めきれず。
そのあたりから福岡は加藤と山田をしっかり捕まえ、球際を厳しく行くことでセレッソの2トップに自由を与えないような守備をしてきました。

セレッソからボールを奪うと福岡は2トップを狙う形でボールを入れてきますが、これはセレッソも想定していてヨニッチと西尾がそれぞれ対応。
ヨニッチは1vs1を安心して任せられる強さがあり、それに負けじと西尾もフアンマとやりあって自由を与えませんでした。

■西尾隆矢 選手
「ファンマ選手、ルキアン選手と、対人に強いFWと対戦して、やっていて楽しかったです。また成長できた実感もあります。ヨニッチ選手と一緒に失点ゼロで守れたことは自信にもなりました。」

https://www.cerezo.jp/matches/2022-04-17/

楽しいと思えるっていうのは本当に良いことで、今は西尾っていろんなタイプのFWとやりあうことで成長を実感しているんだと思います。
まだまだ伸びるし、日本を代表するセンターバックになって欲しい。

右サイドからの展開も

裏へのボールが警戒され中央からの突破が難しいと判断。
セレッソは右サイドを中心に攻撃のリズムを作ります。

右サイドで起点となったのが中原。
運動量もあり、高い位置ボールを握ってもロストしないドリブル力もある。
だから陸や奥埜が上がりやすいし、そこからのクロスで攻撃を展開していきました。

一方のセレッソの左サイド為田、丸橋は少し流れが停滞。
丸橋は久々の先発で前への意識が強かった風に見えましたが、福岡の湯澤の1vs1の強さや奈良の球際の強さに攻めきれなった印象でした。

清武をボランチにするという選択

後半に入ると福岡が少しずつ前からの守備でプレッシャーを強めてきます。
逆にセレッソは引いてからカウンターを狙う形。
前半とはやり方が入れ替わったような印象になりました。

福岡は球際で厳しく行ける選手が多く、そのため前から1vs1で捕まえていくことでストロングポイントを出そうとしたんだと思います。
強さでセレッソの動きを封じようという狙い。

その上でボールを奪ったらフアンマとルキアンをシンプルに使ってくる。
54分のフアンマが潰れてからのルキアンのシュートは、シンプルな形だったけど2トップの長所を活かしてのセレッソにとっては嫌なシーンでした。

そしてその後に奥埜がファールを受けて膝を負傷。
ベンチにボランチを入れていないセレッソは清武を60分に投入して原川とのダブルボランチにしました。

Q:途中交代した奥埜選手の状態と、今節はベンチにボランチがいなかったが、鈴木選手は戦術的な意図で入らなかったのか、アクシデントがあったのか?
「奥埜に関して、詳しい報告はメディカルサイドから受けていませんので、これからの確認になります。大けがに至っていないことを願っています。鈴木徳真に関しては、チーム戦術の理由で今回は外しました。清武もボランチができますし、ワンボランチのシステム変更も含めて、今回は鈴木をベンチ外の選択をしました」

https://www.cerezo.jp/matches/2022-04-17/

小菊監督は鈴木をチーム戦術の理由で外したとのことでしたが、清武も負傷明けで激しい守備が難しい。
となると原川とセンターバックに守備負担が掛かるわけで、奥埜負傷後の清武ボランチ選択は攻守のバランスが良くも悪くも崩れるリスキーな、勝負をかけた選択だったかなと思います。

アタッカー投入で好機を作るがスコアレス

67分にはパトリッキと北野を投入。
ここ数試合、この2人のスピードを活かして終盤に裏を狙ったり前線のプレースピードを上げることが多い小菊監督。
79分にはメンデスも投入して一気にゴールを狙います。

福岡にフアンマを起点として決定機を作られるシーンもあったけれども、セレッソもカウンターで北野が抜けだしたり、ATには清武のクロスでメンデスが頭で合わせるもキーパー正面。

交代選手も使いながらゴールを狙いましたが崩しきれず。
ただ守備陣の体の張った奮闘もあって勝ち点1を取る結果になりました。

その他

セレッソに限ったことではないけれども、サッカーって守備が固いチームを崩すことが難しいということを実感するゲームでした。

この試合に限っては福岡の守備の特徴である球際の強さを見せつけられた感じがしました。
その球際の強さをはがす連携が見せられたらという気持ちもありましたけど、パスやポジショニングでそういったシーンは作り切れませんでした。

北野のアジリティの高さ、パトリッキのドリブルを活かしたパスなどで終盤に好機は作りましたがフィニッシャーという意味では弱さを感じたセレッソ。
ただ、それでもトータル100分を通して集中力を持ってゴールを狙っていった点は評価するところですし、継続しながらトライアンドエラーで形を作っていくのしかないかもしれません。

週末4月23日にはルヴァン杯でダービーが行われます。
ホーム戦でしっかり勝利してグループリーグ突破、そして次のリーグ鹿島戦へと勢いをつけて欲しいです。